RSS feed

アーカイブ

カテゴリー

 
  • お肌の生まれ変わり

    Posted on 4月 1st, 2015 No comments

    皮膚はお肌と言われる表面から表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。
    表皮は角層、角質細胞層、基底層で構成されています。
    角層以下の層でお肌をつくる細胞が生成されています。そして古い細胞が入れ替わっています。
    これをターンオーバーといいます。

    表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が生まれ約28日で角層へと上がって
    最後に皮膚の表面で垢となって落ちます。
    このサイクルがターンオーバーです。
    普通はケガをしたり日焼けをすると時間の経過とともにお肌は元に戻ります。
    これは表皮が絶えず入れ替わっているからです。
    しかし外部からの刺激でダメージを受けたり、加齢によって皮膚の代謝機能が衰えると
    健康なお肌を作ることができず、お肌の乾燥や黒ずみ、小じわなどとなってしまいます。
    ターンオーバーが遅くなる例として、加齢や体調不良で代謝機能が衰えるのが原因で、
    古い角質層が溜まって乾燥や黒ずみ、小じわになります。
    ターンオーバーが早くなる例として、日焼けや傷などができるとお肌を正常に戻そうと、
    角質層を早く作ろうと保湿状態ととのわないので肌荒れ状態になります。
    正常なターンオーバーのサイクルを保つことが美白、美肌には重要です。